旅行時の貸切バスのメリットは沢山あります

旅行時の貸切バスのメリットは沢山あります

旅行時の貸切バスのメリットは沢山あります 社員旅行や何かの慰安旅行などの団体旅行の場合は大抵が貸切バスを利用することが多くあります。 人数によっては大型バスから小型バス、マイクロバスなどがありますが、何れにしても決まりきった観光バスと違った面白味というか、ツアー旅行とは違った味があり、自分たちの好みや計画によって利用し楽しむ事ができます。勿論、計画を立てる際は自分たちは運転手の人たちにも負担が掛からないような余裕を持った計画が必要ですし、泊まりの場合は当然ながら運転手や添乗員の宿泊所の確保もしなければなりません。
基本的には運転手さん達の宿泊は、お客さんと同じ宿に泊まることになるようですが、大型旅館やホテルの場合はホテル側で乗務員の分として押さえてあるところが多いようです。 ただし、場合によっては乗務員さんの宿泊費は負担するようになります。 ただ、旅行会社が企画したツアーの旅行の場合などは、乗務員の宿泊代などはツアー会社負担のようです。

また、貸切バスを利用した旅行計画は当然ながら、事故がないように安全第一の計画が大事なので、余りに過密な計画でないように運転手に負担を掛けない様にしなければいけません。 又、貸切バスを利用の際は注意も必要で、都会の場合などは特に集合場所や待ち合わせ場所をしっかりと確認しておく必要もあります。 
旅行計画などのコースも自由に設定出来るのですが、特にコース設定は運転手が走り慣れたコースかどうかの確認も必要ですし、運転手が余り知らないコースだと、思ったよりも時間がかかったりして予定が外れたりする事も在ります。 それと貸切バスを利用する旅行の場合は、自分たちだけが楽しんでいて、兎角、苦労している運転手さんのことが忘れがちになりますので、お互いに気を使ってあげるのも大事なことではあるでしょう。

貸切バスを利用するにあたって最大の利点は、とにかく、料金が安くあがるということです。 従って、参加する人達の一人あたりの料金が安く済むということです。 幹事が旅行の計画を立てる際には、人数にもよるでしょうが貸切バスを利用した方が、バス一台の貸切料金を乗車人数で割ることになりますから、一人当たりの料金設定が安くなることが普通です。ただ、旅行の際に貸切バスを利用するにあたっては利点やメリットばかりではありません。 手配する際には注意事項や意外なデメリットが有るのも確かです。
まず、待合場所や乗車場所などは、路線バスや定期バスのように決まった停留所や所定のバスのターミナルなどはほとんど利用することはできず、ある程度場所を限定しなければなりません。 長い間の駐車時間なども制限がありますし、又、路幅が広い場所で他の交通路で車や通行する人達の妨げにならないような場所を限定しなければなりません。

貸切バスを利用する際は、幹事は旅行先やそれらのコース等も自由に選んだり設定することはできますが、しかし、コース設定によっては運転手が全く知らないところでもあり、走り慣れていないということもあり、運転手に余分な負担もかかります。 このような場合は、会社や運転手さんと充分に打ち合わせをすることも大事であり、お互いに話し合いで納得したコースを選ぶのも大切です。 バスの運転手が全く知らないルートを走ることになると、予想した以上に目的地に到着するのが時間がかかり予定が狂ってしまうという恐れもあります。
それに、貸切バスを利用する時に特に大事なのは事故がないように安全が第一でありますので、目的地に到るまでは余りに無理な計画やスケジュールを立てで運転手に過度な負担をかけないように努めなければなりません。
何れにしても、利用するときには人数によって車種(大型から小型)を選ぶことができますし、又、バスの種類によってはデラックスバスとか室内が特殊な作りのバスなども有りますので、旅行の目的や予算に応じて貸切バスを大いに利用しましょう。 そして、借りるときには会社側や運転手さんと充分に話し合い、お互いが納得した形で借りることが一番大事なことです。

最新投稿

  • [2017年01月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年01月19日]
    運営者情報を追加しました。