年配の方の旅行も貸切バスで安心

旅行をする場合には、貸切バスが手間いらずで安心と言われています。若い世代のかたも年配の方も利用しやすい、貸切バスの特徴を見ていきましょう。

1つ目は交通機関の乗り換えする必要なくて楽々な点です。
旅行に行く場合には何度も交通機関を乗り換える手間が発生するので、電車、飛行機、バス、徒歩、タクシーなどを利用しての旅行はわずらわしいと感じたことはありませんでしたか?
旅行先では、その都度移動手段が変わるということで、駅やバスのりばでどの車両に乗ったらいいか迷ってしまうことは、誰にでもありがちです。
貸切バスを利用したら、最初から最後まで旅行で訪れる目的地のすべてを、1台のバスで移動できます。もちろん行く先々で、バスから乗り換える必要などもありません。

大勢での旅行になると、待ち合わせ場所や旅行先で乗り換える時にはぐれたりしてしまう苦労もあります。貸切バスを利用したら、乗り換えがないので駅などではぐれたりする心配も少なくなります。
公共交通機関を利用しての旅行は、乗り換えをするたびに疲れてしまいがちですが、乗り換えがないからこそ疲労が少なくてすむでしょう。この点はとくに年配の方が旅行に行く場合に、プラスに考えられるところです。旅行の体力を温存できるという意味でも、貸切バスの良さは実感できるはずです。

2つ目は貸切バスは移動費用の節約になる点です。
団体旅行では、できるだけ旅行の費用を節約したいというのが旅行者の願いの一つになっているでしょう。その場合には安いホテルを選んで旅行費用を節約したり、おみやげの予算を減らしたりということを考えていませんでしたか?日帰り旅行で1人あたりが使う公共交通機関の料金が10,000円から20,000円、それ以上もかかることは、普通に考えられることです。

しかし、大人数で貸切バスを利用したらそんな節約をする必要はなく、1人あたりの移動費用を安く済ませることができます。
貸切バスなら、マイクロバスを日帰りで借りても1日あたりのチャーター料は、50,000円から80,000万円台ですみます。中型から大型バスを1日借りるにしても、予算としては70,000円から120,000万円程度です。
1人あたりの貸切バス賃料は1日2500円から4000円程度ですむことになるのです。これは通常の公共交通機関を利用した旅行より、ずっとお得であることは明らかなことです。

貸切バスを利用したら、節約のためにホテルの等級を下げる必要もなくなります。おみやげの予算を下げる必要もなくなります。旅行をより贅沢で充実したものにすることができるのです。