運転しないから疲れない旅行ができる貸切バス

団体旅行するときには、マイクロバスをレンタルしたり、複数の車で移動ということになっていませんか?その場合には誰かが運転手役を買って出ることになりますが、運転手を勤めることで疲れてしまうということにもなりがちです。そんな状況をなくしたり、純粋に旅行を楽しむなら旅行には貸切バスを使ってみることです。
貸切バスには下記のようなメリットがあります。

まず、旅行者本人が運転しない旅行ができることです。運転手を買って出る人は、本当は旅行先でお酒を飲みたいけれど、運転手役だから飲めないということはありがちです。
貸切バスには運転手が付きますから、旅行者みずからがマイクロバスや自動車を運転する必要などはなくなります。したがって本来は運転手役でお酒を飲めなかった方も、純粋な旅行者として、旅先でお酒を楽しむことができるようになるのです。飲酒運転の心配がなくなるというのは嬉しいことではないでしょうか。

そして旅行では体力を使って身体に疲労が溜まっている状態ですから、運転をすると色々なリスクを伴います。複数で交代して運転して旅行にいくというリスクを、背負わずに済むことになります。
貸切バスでプロの運転手の方に任せておけば、運転に伴う様々なリスクを軽減することができます。貸切バスのドライバーは道順を予め把握していますから、その場しのぎの見知らぬルートを通行するといったこともなくなります。

次に純粋に旅行だけに集中できることが挙げられます。
団体旅行では、最初の集合のときや、電車移動をしたときの点呼など、移動の時になにかと気を使うことが通常です。集団行動では誰か1人がはぐれてしまって、気苦労をすることもしばしばありませんでしたか?そんな時貸切バスだったら、1台のバスで旅行の最初から最後まで移動するので、誰かがはぐれてしまうリスクが少なくなります。

広い駅構内を乗り換えするために歩いたり、観光地までひたすら歩くということは、中高年の人にとっては体力的にきついことがあります。そんな時も貸切バスであれば、目的地までスイスイ移動できますし、駐車場に乗り付けるので駅から長距離を歩くといった苦労もなくなります。つまり貸切バスを利用することよって、旅行だけに集中することができ、ほんとうの意味で楽しい時間を多くつくることが可能になるのです。このことは大きなプラスになることでしょう。
おみやげを購入したり、おおきな荷物を運ぶという意味でも、貸切バスなら大容量の荷物室が用意されているので安心です。